Commentary

神奈川海老名市の小田急線「海老名」駅から直結の場所に、小田急電鉄「ロマンスカーミュージアム」が開館。この施設内のジオラマパークという巨大ジオラマが堪能できるエリアにおいて、定期的に行われるジオラマショー「時間と距離のロマンス」の音楽を、青木慶則が担当。その楽曲「セブンティ・ステイションズ」を、ミュージアムの開館に合わせて配信することに。約10分に及ぶ大作となっている。

ジオラマショーの映像やプロジェクションマッピングも含め、総合演出を担当した「AR三兄弟」の川田十夢氏からの依頼を受け、青木が楽曲を制作した。いわゆる「歌もの」であり、青木自身がアレンジや歌唱を担当。ほかには青木の最近のアルバムでは恒例のメンバーとなっている、作曲家・電子音楽家の安田寿之 & ギタリストの石本大介が参加。さらに今回はコーラスとして熊谷あすみ(月の満ちかけ)を、青木のレコーディングとしては初めてのゲストに迎えている。

曲のタイトルは、現時点で小田急電鉄の全線に70の駅があることにちなんで付けられている。ジャケットデザインは、数々の青木慶則の作品を手がけるSKG が担当。小田急線の路線図をイメージしたデザインになっており、各駅停車、準急、急行、快速急行の色分けを、タイポグラフィとして再現している。

*ジオラマパークではジオラマショーの時間以外もいくつかのBGMが流れていますが、それらの楽曲の制作は担当しておりません。

配信サイトの一部
Apple Music & iTunes Store
Spotify
YouTube Music
amazon music
amazon(Download)
mora

ロマンスカーミュージアム
神奈川県海老名市めぐみ町1-3(小田急線海老名駅隣接地)