Profile

PHOTO BY KOHEI YAMAMOTO

青木慶則

あおきよしのり。1975年10月16日、横浜に生まれ川崎で育ち、ピアノ教師の母のもと音楽に囲まれながら幼少期を過ごす。

10代でドラムを始め、1993年に17歳でバンド BLUE BOY のドラマーとしてメジャーデビュー。1998年に解散。

1997年から2017年までの約20年間は、HARCO(ハルコ)名義でシンガーソングライターとして活動。平行して、TVコマーシャルや番組の楽曲制作、歌唱、ナレーションのほか、映画音楽の制作、他アーティストへの楽曲参加など、幅広く活躍した。2015年にはNHK みんなのうたの歌唱も担当。2017年にHARCOとしてのラストアルバム「あらたな方角へ」を、2018年にはHARCO後期ベストアルバム「BOOKENDS -BEST OF HARCO 2- [2007-2017]」をリリース。

そして2018年からは、本名の青木慶則として再始動。個人レーベル「Symphony Blue Label」を立ち上げ、12月12日、ついにファーストアルバム「青木慶則」を発売する。

Yoshinori Aoki

Born in Yokohama on October 16, 1975, raised in Kawasaki, he spent his early childhood surrounded by music under his mother who was a piano teacher.

He started playing drums in his teens, debuted as a drummer for the band BLUE BOY at the age of 17 in 1993. The band dissolved in 1998.

For about 20 years from 1997 to 2017, he worked as a singer-songwriter under the name of HARCO (Haruko). In parallel, he worked extensively in TV commercials and programs, music production, singing, narration, movie soundtracks, writing music to other artists, etc. In 2015 he sang for NHK’s Minna no Uta. In 2017 he released the last album “Aratana Hougakue” as HARCO and in 2018 released “BOOKENDS – BEST OF HARCO 2- [2007-2017]”.

From 2018, he restarts his career in his real name Yoshinori Aoki. And in this year, he will be releasing his first album “Yoshinori Aoki” from his own Symphony Blue Label.